21
FEB/2018

平成生まれの女性経営者が語る「ゆとり世代と呼ばれた私たちが起業したワケ」【ハヤカワ五味×関口舞×村田あつみ Vol.1】

タグ:

  • Facebookシェアボタンシェア0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かつて「ゆとり世代」と呼ばれた平成生まれの女性たちは、どんな想いで仕事と向き合っているのか。今回は、全員が起業を経験しているミレニアル世代の女性3名が集結! 起業に至った理由や仕事に対するやりがいを語っていただきました。

平成生まれ
写真左:Lip Inc. 
共同創業者/IT起業家 関口舞さん

平成2年生まれ。22歳で起業し、「好きな人と両想いかどうか確認できる」純愛アプリをリリース。2016年始めには写真を通したマッチングアプリ「nine」をリリースし、事前プロモーションにはオバマ大統領夫人やドナルド・トランプを始めとする1500万人が参加。2016年10月には恋人提案サービス「恋人プランナー」をリリースした

写真中央:株式会社ウツワ 代表取締役/ファッションデザイナー
ハヤカワ五味さん

平成7年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科在学中。高校時代から創作活動を始め、大学生になって胸の小さな女性のためのランジェリーブランド「feast by GOMI HAYAKAWA」を立ち上げ、「品乳ブラ」として一躍有名に。2015年に株式会社ウツワを興し、代表取締役に就任。同年5月にラフォーレにてポップアップ出展を行った

写真右:株式会社ラブグラフ co-founder CCO/WEBクリエイター
村田あつみさん

平成3年生まれ。大学時代初期より「美学生図鑑」などのヒットメディアのデザイン・コーディングを長期にわたり担当。卒業後、リクルートホールディングスに入社。現在は在学中に立ち上げたフォト撮影サービス「Lovegraph(ラブグラフ)」の取締役CCOであり、同時に同サービスのブランディング、マーケティング、デザイン、開発をマルチにこなす女性クリエイターとして活躍している

自分の想いに素直に生きた結果、「やりたいこと」が「ビジネス」になった

――まずは、皆さんがどんなきっかけで今のお仕事を始めることになったのか聞かせて頂けますか?

ハヤカワ 私は大学に通いながらいろいろなものを製作して、販売もしていたんですね。その写真をSNSに載せたところ、すごくバズって、今手掛けている『feast』というブランドになりました。いろんな方に「買いたい!」と言って頂けて。作って販売しているうちに売上げが立つようになったので、法人化しました。そこからはあれよあれよという間に事が進み、今に至ります。

村田 私ももともとエンジニアリングやデザインを手掛けていたのですが、共同創業者がカメラマンで。何か周りの人に喜んでもらえることをしたい、ということで、カップルの写真を撮ってTwitterにあげていました。その写真に反響があって、「私も撮ってほしい」という声がたくさん寄せられたので、だったらサービス化しよう、と思ったんです。

――なるほど。何かを狙ってやったというよりも、取り組みが時流に乗った瞬間があった、といったイメージですね。

ハヤカワ そうですね。起業したかったというわけではなくて、やりたいことをやるための手段として起業したという流れです。

関口 私はお二人と違って、最初会社に就職したんですよ。広告会社だったんですが、入社してすぐに、上司から仕事を与えられるのを待つことが辛くなってしまって。だったら、身の回りの人たちを助けるようなビジネスを自分でやって、一歩一歩進んでいった方が成長できるのでは、と考えました。そこで、Facebookを活用したマッチングアプリを開発してみたところ、それを通じてたくさんの方から「彼氏ができました!」というご報告を頂いて。初めて自分がやりたいことを見つけられたような気がします。これだな、と思って。

ハヤカワ やっているうちにお客さまから反応を頂けるようになると、どんどんのめり込んでいくんですよね。

関口 そうそう。最初は自分にできることから始めてみるんだけど、人が喜んでくれているのを見ているうちにもっとやりたくなってくる。

――村田さんも卒業後は一度企業に勤めていますよね?

村田 私はリクルートホールディングスという企業に入社したんですが、学生起業だったので、すでに自分の会社も持っていたんです。なので、就職した会社に行っている時間は、自分の会社のことは出来ない。打ち合わせなどにも参加できなくて、もどかしく感じてしまったんです。そこで、就職した会社と自分が立ち上げた会社のどちらを選ぶか、と考えた時に、思い入れのある方を選びたいと思って。そうなったら、自分が立ち上げた会社だよね、って。

関口 でも、一度会社に勤めてみたことで、どんなマネジメントを受けるとモチベーションが変わるのか身をもって理解できたし、素敵な人にもたくさん出会えた。勤続半年という短い時間ではありましたが、組織の仕組みを知れたのは良かったですよね。

村田 それは私も実感しています。

仕事観、金銭観、人生観……平成生まれの女性たちの価値観を大解剖!

平成生まれ

関口 最初のころは、会社と学生のマッチングサービスをフリーランスでやろうと思っていたんですよね。

ハヤカワ 私も、個人事業主になろうかと思ってました。

関口 でも、会社と取引する場合、法人じゃないと信用してもらいづらくて……。

ハヤカワ やっぱり法人の良さとしては、商標登録や会社との取引のしやすさがあるかなと思います。

関口 仲間も集めやすいですしね。

――会社に勤めている人からすると、起業ってすごい決断に感じると思うんですよね。ある種のゴールのように思えるというか。ですがみなさんのお話を聞いていると、新しいことをはじめるための最初のステップに過ぎない、という印象を受けました。

関口 そうですね。生きていく中で、その時その時で「これをやりたいな」とか「世の中にこんなものがあったらステキだな」というものがあって、それを実現するために、今はたまたま起業というかたちをとっているだけですね。

>>Vol.2へ続く

※このコンテンツは、2016年にtypeメンバーズパークに掲載された動画を新たに記事化したものです。


>>この対談は動画でも視聴することができます。ぜひ以下からご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします
  • Facebookシェアボタンシェア0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメの記事

「ライスワークで60年働ける?」 ミレニアル世代の女性起業家...
21世紀を生きる“ミレニアルミューズ”の豊かな人生づくりをサポートするべく「学び」と「社交」をテーマにしたレッスンクラブ...

正能茉優が語るミレニアル世代の本音「仕事、家族、友達、恋愛…...
地域活性化に貢献する株式会社ハピキラFACTORY代表取締役社長の正能茉優さんは、ソニー株式会社で新商品の開発に携わる会...

会社員とダンサーと。「踊る広報」柴田菜々子さんが体現する「や...
今回登場するのは、人材サービスを展開する株式会社ビースタイルで広報を務める柴田菜々子さん。自身の名刺に書かれた“踊る広報...

「産んで育てて働いて。自分にできそうにない」女性たちへ。不安...
イラストエッセイストの犬山紙子さん、株式会社manma代表取締役社長の新居日南恵さん、株式会社ウツワ代表取締役のハヤカワ...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

マンパワーグループの求人を見る

憧れの上司と働く!女性管理職がいる会社

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

プライベートも充実!年間休日120日以上の求人

未経験でも安心!ノルマが厳しくない営業求人