vol. 419

2017.12.05

女性の体がみるみる変わる! 「寝るだけ整体」で首こり・肩こり・腰痛を解消しよう

タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日中ずっとパソコンに向って仕事をしていると、首も肩もガチガチに。
腰も痛むし、夕方になるとよく頭痛がする……。
「病気」とまでは言えないけれど、毎日何となく不調が続いている。
マッサージに行ってみても、その時はスッキリするけど、またすぐに体が痛くなる。

どうしようもないつらさを抱えている女性は多いのではないだろうか。

寝るだけ整体

「このような症状に悩まされている方の多くは、実は寝ているときの姿勢が悪いということがよくあります」

そう語るのは、これまでにプロスポーツ選手など延べ6万人以上の体の悩みを解決し、多くの患者から支持を得ている天竺整骨院院長の田中宏さん。

体のあちこちが歪んでしまい、肩こり、首こり、頭痛などの不快な症状に悩んでいる女性には「『寝るだけ整体』を試してみてほしい」と話す。

寝るだけ整体とは?

「仕事でパソコンを使う、料理をする、スマホを見たり、本を読んだりする……これらの行動の共通点は、首を前方に突き出していたり、下を向いていたりすること。これが首に負担をかけ、本来首の骨にあるはずの曲線を失わせてしまいます。“ストレートネック”ともいいますが、この自然な曲線がなくなってしまうと、背骨にかかる負担に対して全身の関節が無理にバランスを取ろうとし、全身の痛みを招いてしまいます」(田中さん)

体のゆがみは、骨格に付いてしまう癖のようなもの。1度や2度、マッサージを受けたくらいでは、その癖は直らない。そこで、毎日無理なく続けられるのが、「寝るだけ整体」だという。寝ている間の姿勢を正すことで、骨や筋肉のゆがみを取り除き、もとの健康な状態に戻していく方法だ。毎日7~8時間の睡眠を取っている人であれば、1日のうちの約3分の1の時間を正しい姿勢で過ごせるようになる。

「寝るだけ整体」のやり方は簡単。首の下にバスタオルで作った枕を置いて、仰向けで寝るだけだ。

「首の曲線をキープして寝ることで、首にかかる負担を少なくし、寝ながら本来の曲線を元通りにしていきます」(田中さん)

寝る姿勢を正すと、次のような不快な症状の改善につながるという。

・頭痛やめまい
・歯のくいしばり
・首の痛み、ストレートネック
・肩こり
・胃の不調
・腰痛
・便秘
・手のしびれ
・坐骨神経痛
・ひざ痛
・生理痛、更年期障害
・ダイエット
・冷え症、免疫低下

準備するのは「バスタオル枕」だけ!

120cm×60cm程度で、少し厚みのあるタオルを用意。小さいタオルや薄いものは2枚重ねて使用してもOK。

寝るだけ整体
半分の長さに折りたたみ、折り目の側からくるくると丸めて太めの棒状に。タオルの端が下にくるように置いて完成。直径8~10cmくらいになるように丸めるのが理想。

寝るだけ整体枕ができたら、実際に頭を乗せて正しい姿勢になっているかチェックしてみよう。

寝るだけ整体

チェックポイントは次の4つ。


・天井がまっすぐに見られる?
首の曲線が枕とぴったり合っていると、目線が真上を向きます。真上が見えないときは、首のバスタオルを薄いものか厚いもので作り直して調整を。

・のどに圧迫感がなく、呼吸しやすい?
苦しい場合はバスタオルが大きすぎるか、後頭部に当たっている可能性あり。首の曲線に当たるように位置をずらして調整を。それでも苦しい場合は薄いタオルで作り直してみよう。

・首が浮いていないか?
バスタオルのサイズは小さい可能性があります。厚手のタオルに替えるか、2重にして作り直してみよう。

・肩、肩甲骨が床(寝具)にしっかりついている?
肩や肩甲骨が浮き上がっている場合、首を支えるはずの枕の位置が下がり過ぎていて、肩に当たっている可能性があります。位置を調整しましょう。


正しい姿勢を確認できたら、あとは朝まで仰向けになって寝るだけ。より深い睡眠を得るためには、部屋の明かりは暗くするのが正解。真っ暗が苦手なら、弱い光だけにしてみよう。

「途中で寝返りを打ってもOKです。仰向けで寝ることに慣れていない人は、寝る前の10分だけでもこの正しい姿勢をキープできるようにしてみてください」(田中さん)

寝る前の「寝返り」体操もプラスしてみよう

より深い効果を得るためには、寝る前に簡単な体操をプラスするといいそうだ。オススメなのは、次の3つ。

1.首ほぐし

寝るだけ整体
基本姿勢で仰向けに寝ころがったら、肩は動かさずにゆっくりと顔を横に倒して3~5秒キープ。反対側に顔を倒し、再度3~5秒キープ。これを1セットとして、5回程度続けよう。

2.腰ほぐし

寝るだけ整体
仰向けに寝て片足をゆっくり上げ、ひざを立てる。もう片方の足をゆっくりと持ち上げてひざを立てる。立てた両ひざを片側にゆっくり倒す。床から肩が浮かないように注意し、5秒キープ。反対にひざを倒して5秒キープ。左右1セットを5回続けよう。最後は正面に戻って片足ずつのばして基本の姿勢に。

3.全身ほぐし

寝るだけ整体
仰向けに寝て、枕の位置が合っているか確認。片足を上げてひざを立てる。立てたひざを伸ばした足の方にゆっくり倒して5秒キープ。肩は床につけたままになっているか注意。腰と肩、顔も曲げたひざの方に倒して5秒キープ。ゆっくりと体を正面に戻して曲げたひざも伸ばす。基本姿勢に戻ったら、逆も同じようにして、左右1セットを5回繰り返してみよう。

体のゆがみはほとんどの女性たちが抱えている現代病。かといって、お金のかかる治療を続けるのは現実的ではない。そんな時は、家で簡単に、しかも“寝ながら”できるこの整体を試してみてはいかがだろうか。朝起きたときのスッキリ感は、昨日までときっと違っているだろう。


寝るだけ整体
【書籍紹介】
6万人の患者が改善! 腰痛・肩こり・頭痛を解消 寝るだけ整体(田中宏/アスコム)

一晩、あお向けで寝るだけで体のゆがみが消えて、健康になる! ひざ痛、股関節痛、自律神経の乱れ、なかなか取れない疲れにも効果的。寝ているうちに体が勝手に修復されていく! ゆがみを整えれば、あなたの悩みは解決。ぜひ本書で、「寝るだけ整体」を試してみてください。
>>Amazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメの記事

CrossFitトレーナー兼モデル Ayaさん流・体が変わる...
おうちでできる&体が変わるトレーニング法を人気モデルや女優から指名の絶えないCrossFit(クロスフィット)トレーナー...

自律神経のトラブルが、ホルモンバランスの乱れを招く! 働く女...
婦人科医・松村圭子先生が、不調改善&予防に役立つホルモンバランスのメンテナンス術を伝授! 今回は、ホルモンバランスに関す...

時間帯別にチェック! ホルモンバランスの乱れを予防・改善する...
婦人科医・松村圭子先生が、不調改善&予防に役立つホルモンバランスのメンテナンス術を伝授! 今回は、ホルモンバランスを整え...

運動嫌いでも続けられる! ホルモンバランスを整えるお手軽エク...
今回は、運動不足の解消で、ホルモンバランスを整えるメソッドをお教えします。運動嫌いの人でも続けられる、簡単なエクササイズ...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

福利厚生が充実している会社

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

制度充実!子育てしやすい会社

トレンドを発信!ファッション・コスメ系の仕事