vol. 347

2017.08.09

「育児や家事は女性任せ」なんて論外! NY男子は主夫業を楽しむ 【連載:ミサコ・ロックス「NY女のここがすごい!」働く女性、最先端】

タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミサコ・ロックス
全米唯一の日本人漫画家ミサコ・ロックスが現地からレポート!
NY女のここがすごい! 働く女性、最先端

全米唯一の日本人漫画家、NY在住のミサコ・ロックスがNYの働く女性のシゴト&生活事情を描きます。スピーディーに変わっていくNYの街でタフにサバイブしていくNY女の生き方や考え方は、私たちにしなやかに働き続ける知恵と、勇気を与えてくれます

コミックアーティスト
ミサコ・ロックス
NY在住。大学卒業後、単身でアメリカに渡り30歳で漫画家デビュー。自身の初恋・留学体験を綴った『Rock and Roll Love』がNY公立図書館ベスト・ティーンズ・ブックの1冊に選ばれる。その後、英国漫画誌に連載されていた 『Peach de Punch!』がアジア向けの英語教科書に採用。著書『もうガイジンにしました』、『理由とか目的とか何だっていいじゃん! チャレンジしなくちゃ後悔もできない』(共にディスカヴァー・トゥエンティワン)発売中!
@misakorocks:Instagram, twitter, facebook
www.misakorocks.com

Woman type読者の皆さん、こんにちは!
NY在住のマンガ家ミサコロックスです。

連載11回目となる今回は、NYの共働き家庭にフォーカスをあててご紹介します。
今回も、ワンフレーズ英会話に注目!

NY主夫事情

最近、専業主夫として活躍するパパたちが増えているNY(映画『マイ・インターン』でも、アン・ハサウィ演じる女社長ジュールスを支える夫マットが専業主夫でしたよね)。性別は関係なく、「できる人ができるときに、できることをする」。共働き家庭が一般的なNYでは、そういった考え方が根付いているように感じます。

専業主夫になる選択までしなくとも、よっぽど激務な場合をのぞけば、基本的にNYの男性たちは育児に積極的。共働き家庭で女性にだけ育児を押し付けるということは少ないと思います。もともと男女平等の意識が強いニューヨーカーらしいとも言えますね。

ただ、やっぱり夫婦のどちらかに負担が偏ってしまう時はあるもの……。そうならないように、夫婦の役割分担を事前にしっかり決めて、日直のようにタスクをこなしているママとパパも多いです(それぞれのTO DOを冷蔵庫に貼っている人もよく見ますよ)。お互いに「察してほしい」と思うのではなく、意思を明確に示すことがママ、パパともに磨り減らないコツですね!

★今回のワンフレーズ英語★
・Dad,pick me up at a gym at 6pm?(パパ、今日の6時に体育館に迎えにきてくれる?)
・See you tonight babe.(また今夜ね)
・Have a good day.(良い1日を)

連載『NY女のここがすごい! 働くオンナ、最先端』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman.type.jp/wt/feature/category/nywomenをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメの記事

過去の自分を断ち切る勇気ーー全米唯一の日本人漫画家ミサコ・ロ...
「ニューヨークで活躍する日本人女性」に選出され、安倍首相夫妻の懇親会にも招かれた全米唯一のコミックアーティスト、ミサコ・...

「妻のキャリアアップに全てを懸けた」 専業主夫歴18年の男性...
女性が働き続ける理由を見つめるべく、「定年まで働き続けるのが当たり前」とされる男性の身で“専業主夫”という生き方を選択し...

フランスではシングルマザーこそ男性にモテる!? 海外との比較...
Woman type、5周年特集の第4弾に登場するのは、労働問題や結婚・家族について取材し、出版、講演などで活躍する白河...

「ご主人廃止」は言葉狩りではない! “面倒な女”になってでも...
フローレンスが、最近「ご主人さま」、「旦那さま」という呼称の廃止に踏み切った。廃止宣言を出した狙いと、普段使う「言葉」に...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

長期休暇、社宅、社食など!嬉しい福利厚生のある会社