vol. 324

2017.06.15

「欲しいときにできるとは限らない」不妊治療に掛かる費用は一体いくら?

タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高山一恵さん
お金のプロに聞きたい!
働く女性のマネーのお悩み相談室

仕事をしている女性であれば、自分の収入や貯金、保険や税金のことなど、お金のことで一度は悩んだことがあるはず。そこでこの連載では、女性から大人気のファイナンシャルプランナー・高山一恵さんに、読者の皆さんから寄せられたマネーのお悩み相談に乗っていただきます! 自分のお金を賢く貯める・増やす・使う術を学びましょう

ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者・1級FP技能士)
マネーマネジメントコーチ、DCプランナー
高山 一恵(たかやま・かずえ)
1974年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画し、10年間取締役を務め、退任。その後、2015年に株式会社Money&Youの取締役へ就任。女性FPと女性をつなぐマッチングサイト「FP Cafe」の事業に注力。また、全国で講演活動・執筆活動、相談業務を行い、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく、親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書に『35歳までにはぜったい知っておきたい お金のきほん』(アスペクト)など多数
不妊治療

働く女性が増える中、平均初婚年齢が年々上昇し、晩婚化の傾向にあることは皆さんご存知だと思います。結婚する・しないの決断や、結婚するタイミングについては、人それぞれ。一方、30代半ばを過ぎて結婚した女性がよく悩むのが、「子どもが欲しい」と思ったときに、なかなか子どもが授からないというもの。最近では、不妊治療を行っている女性も多いですが、どこまで治療をするかによって負担する費用は大きく違います。

不妊治療に必要な費用は実際どれくらい? 保険適用になる治療は?

初期の不妊治療では、体への負担が少ない「タイミング法」を行います。超音波(エコー)で卵巣内にある卵胞の大きさを測ったり、尿中の排卵ホルモンを検査したりして、排卵日のタイミングに合わせて自然妊娠を期待する方法です。この治療は、健康保険が適用になるので、費用は3割負担1回あたり2,000円〜2万円程度です。

タイミング法を半年~1年行って妊娠に至らなければ、次は、「人口授精」に移行するのが一般的です。これは、運動している成熟精子を妊娠しやすい時期に子宮内へ直接注入する方法です。この治療は健康保険が適用にならないので、全額自己負担となります。病院にもよりますが、1回1万円~5万円程度必要です。

人口授精を5~6回行っても妊娠に至らない場合に、一般的に「体外授精」に移行します。体外授精とは、女性の卵巣から卵を取り出し、シャーレの中で精子を体外で受精させ、数日後に受精卵を子宮に返す方法です。この治療も全額自己負担で、体外授精は1回につき20万円~80万円もかかります。しかも、体外授精1回当たりの妊娠率は5~8%とかなり低い確率。体外授精までいくと、精神的、肉体的負担に加えて、費用も重くのし掛かるため、相当な覚悟を求められるでしょう。

ただし、不妊治療はお金が掛かるため、国や地方公共団体から助成金という形でサポートしてもらえます。
>>詳しくはこちら

東京都のケースでは、一定の条件を満たした場合、1回15万円を上限として、助成金がもらえます。採卵を伴わない治療であれば、助成額の上限は7万5,000円です。ちなみに、助成を受けられる回数にも上限があり、治療開始日の妻の年齢が40歳未満なら6回、40歳以上43歳未満なら3回までとなっています。

定期的な婦人科検診で自分の体について知っておこう

不妊治療は長く続けば続くほど、金銭的な負担も、精神的な負担も大きくなっていくもの。もしも不妊治療を受けることになった場合には、まだ、治療を受け始める前の冷静な段階で、「何回まで治療を受けるのか」「予算はいくらにするか」など、計画を立てた上で臨むことをオススメします。

そして、今回の質問者さんのようにまだ子どもを産む予定が直近はないという女性でも、不妊治療で困らないようにできる準備はいろいろあります。

まずは、いざ妊娠したいと思ったときに困ることがないように、定期的に婦人科検診を受けるなどして自分の体について知っておくこと。不妊の理由が子宮筋腫や子宮内膜症など、病気が原因ということもよくあるものです。事前にきちんと検査を受けて、病気が発覚した場合は早期治療をしておきましょう。

また、知人の女医によれば、冷え性を改善するだけでも妊娠率が上がるというデータがあるそう。日頃から食事の栄養バランスに気をつけたり、運動を習慣化するなどして、自分の健康をキープすることも不妊対策つながっていきます。長い目で見て、健康に投資するようにしましょう。

>>今後のマネープランの参考に!
「あなたにぴったりの年収はいくら?」診断テストでチェックする


『FP Cafe』

『FP Cafe』は、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかるFPと女性をつなぐマッチングサイト。たくさんの女性FPが登録しているからこそ、自分にぴったりなFPを探すことができます。また、『FP Cafe』内のサービスは完全無料・匿名で利用可能。女性の人生の変化や転機に強い、「ハッピーマネープラン」をサポートしています

連載『マネーのお悩み相談室』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman.type.jp/wt/feature/category/soudanをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメの記事

「彼氏の年収が低過ぎて結婚できない!」結婚後のお金の不安を解...
ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんが、読者の皆さんから寄せられたマネーのお悩みに回答していきます。今回は、「年収の...

「女子力を磨くより、稼ぐ力を身に付けなさい!」上野千鶴子さん...
男女雇用機会均等法の成立から、もうすぐ30年。企業や社会の中で活躍する女性は増えたように思える一方、厳しい側面も少なくな...

20代・30代で不妊治療経験のある芸能人は?
今回は、過去に不妊治療を行って、無事に赤ちゃんを授かった芸能人たちと、彼女たちが行っていた不妊治療についてご紹介します。...

赤ちゃんができない理由はなに? 男女別で見る不妊の原因とは
現在、不妊に悩んでいる夫婦はたくさんいます。今、赤ちゃんがなかなかできなくて悩んでいるのなら、その原因の特定が不妊治療の...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

長期休暇、社宅、社食など!嬉しい福利厚生のある会社