vol. 306

2017.05.19

ケチ過ぎる夫と離婚の危機!? 共働き夫婦が「金銭感覚の違い」で悩まないためのルール

タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高山一恵さん
お金のプロに聞きたい!
働く女性のマネーのお悩み相談室

仕事をしている女性であれば、自分の収入や貯金、保険や税金のことなど、お金のことで一度は悩んだことがあるはず。そこでこの連載では、女性から大人気のファイナンシャルプランナー・高山一恵さんに、読者の皆さんから寄せられたマネーのお悩み相談に乗っていただきます! 自分のお金を賢く貯める・増やす・使う術を学びましょう

ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者・1級FP技能士)
マネーマネジメントコーチ、DCプランナー
高山 一恵(たかやま・かずえ)
1974年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画し、10年間取締役を務め、退任。その後、2015年に株式会社Money&Youの取締役へ就任。女性FPと女性をつなぐマッチングサイト「FP Cafe」の事業に注力。また、全国で講演活動・執筆活動、相談業務を行い、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく、親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書に『35歳までにはぜったい知っておきたい お金のきほん』(アスペクト)など多数
夫と金銭感覚が違う

大人の価値観はそう簡単には変わらない! 夫の「ケチ症」を治すよりも大事なのは、夫婦間でお互いの考えを話し合うこと

金銭感覚が違い過ぎるパートナーと暮らすのは、夫婦といえども窮屈なものですね。金銭感覚の違いは、今後の長い結婚生活にも影響を及ぼし、ひどくなると離婚につながってしまうケースも少なくないので、ストレスが軽減できる方法を見つけたいところ。

最初に申し上げておきたいのは、「夫のケチ症」はそう簡単には治らないということ! 大人の価値観はそう簡単に変わるものではありません。今回のような場合に大切なのは、まずは夫婦で向き合って話し合いをすること。お互いの考えを理解することから始めてみましょう。

私のところにも今回の相談者さんのように、金銭感覚の違いで悩む妻がご相談にいらっしゃることがありますが、解決の糸口は、なぜ夫が過剰にケチケチしてしまうのか、その理由を探ってみることです。

ケチな理由が、幼少の頃からの家庭環境が原因なのか、将来の心配をし過ぎることが原因なのか……。将来の心配をし過ぎることが原因なのであれば、2人でこの先5年~10年程度のライフプランを話し合い、いつの段階でどんなイベントがあって、どれくらいのお金が掛かるのかを確認してみましょう。

また、幼少の頃からの生活習慣でケチ体質が染み付いている場合……。まずは、妻、夫ともに「自分が何にお金を使うと喜びを感じるのか」を伝え合うようにしてみてください。それから、お互いが共通して価値を見い出せるお金の使い方を探ること。例えば、「夫婦ともに旅行が好きでホテルは高級なところに泊まりたい」ということが分かれば、そこにはお金を掛けることを約束し、それ以外のところは無駄遣いをしないようにお互いに努力するというのも1つの方法です。

「貯金額」と「お小遣い」の金額を平等に設定し、何に使うかは口を出さない! ストレスを減らすための「見える化」ルール

お互いが別々の財布を持ち、それぞれがどんなお金の使い方をしているか分からない共働き夫婦ほど、不安が大きくなってしまうもの

そういう場合は、お互いのお金の動きを「見える化」しておくことが重要です。例えば、2人で共通の貯蓄用口座をつくり、毎月決まった金額だけ貯蓄ができていることが確認できれば、日頃のお金の使い方について、そんなに気にならなくなるはず。

月々の「貯金額」と「お小遣い」の金額を平等に設定し、お小遣いの使い方については、お互いに口を出さないというルールを設けてみてはいかがでしょうか。

もともとの金銭感覚が違う場合、こうしたルールをきっちり決めてしまうことがストレスを軽減するためには効果絶大です。そうでない場合、「自分ばっかり節約してる!」、「相手ばっかり無駄遣いしているようだ」といった具合に、不満がたまっていってしまいがち。

また、意外にうまくいくのが、夫に家計管理から将来の貯蓄まで、全て任せてしまうという方法。つまり、妻側が「お小遣い制」にして、あとのことは夫に任せてしまうのです(ケチな夫なら、実はお金のやりくりが上手かもしれないですよね)。もちろん、共働きなので、お小遣いの金額はお互いが納得できる額で設定してください。

そうすることで、夫側は自分の裁量で家計を回せるようになってストレスが減り、妻側は不満の無いお小遣い額の中でお金を好きなことに使えるようになるので、不満が軽減されます。

いずれにせよ、まずは夫婦でお金のことにしっかり向き合い、話し合うことから始めてみてくださいね!

>>今後のマネープランの参考に!
「あなたにぴったりの年収はいくら?」診断テストでチェックする


『FP Cafe』

『FP Cafe』は、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかるFPと女性をつなぐマッチングサイト。たくさんの女性FPが登録しているからこそ、自分にぴったりなFPを探すことができます。また、『FP Cafe』内のサービスは完全無料・匿名で利用可能。女性の人生の変化や転機に強い、「ハッピーマネープラン」をサポートしています

連載『マネーのお悩み相談室』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman.type.jp/wt/feature/category/soudanをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメの記事

「女子力を磨くより、稼ぐ力を身に付けなさい!」上野千鶴子さん...
男女雇用機会均等法の成立から、もうすぐ30年。企業や社会の中で活躍する女性は増えたように思える一方、厳しい側面も少なくな...

「彼氏の年収が低過ぎて結婚できない!」結婚後のお金の不安を解...
ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんが、読者の皆さんから寄せられたマネーのお悩みに回答していきます。今回は、「年収の...

「敬老原則をやめなければ日本はもう続かない」ライフネット生命...
2017年3月23日(木)株式会社Money&Youが主催するイベント『未来の自分のために知っておきたい!女性の働き方、...

「妻のキャリアアップに全てを懸けた」 専業主夫歴18年の男性...
女性が働き続ける理由を見つめるべく、「定年まで働き続けるのが当たり前」とされる男性の身で“専業主夫”という生き方を選択し...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

長期休暇、社宅、社食など!嬉しい福利厚生のある会社