vol. 263

2017.03.16

「50歳で仕事を辞めてハワイに移住したい」働く女性に必要な貯金額って?

タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高山一恵さん
お金のプロに聞きたい!
働く女性のマネーのお悩み相談室

仕事をしている女性であれば、自分の収入や貯金、保険や税金のことなど、お金のことで一度は悩んだことがあるはず。そこでこの連載では、女性から大人気のファイナンシャルプランナー・高山一恵さんに、読者の皆さんから寄せられたマネーのお悩み相談に乗っていただきます! 自分のお金を賢く貯める・増やす・使う術を学びましょう

ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者・1級FP技能士)
マネーマネジメントコーチ、DCプランナー
高山 一恵(たかやま・かずえ)
1974年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画し、10年間取締役を務め、退任。その後、2015年に株式会社Money&Youの取締役へ就任。女性FPと女性をつなぐマッチングサイト「FP Cafe」の事業に注力。また、全国で講演活動・執筆活動、相談業務を行い、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく、親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書に『35歳までにはぜったい知っておきたい お金のきほん』(アスペクト)など多数
ハワイ

50歳でリタイアして、あとは、好きなことをして日々過ごす、そんな生活に憧れを持つ人も少なくないと思います。ただし、下記のインタビューでもお話ししているのですが、今後、女性はますます長生きする傾向にあり、平均寿命が100歳を超えることも珍しくないので、50歳でリアタイしたいとなるとかなりまとまった金額を貯める必要があります。

>>「貯金があれば安心」は間違い!? 女の人生100年時代、20代のうちに身に付けたいお金の知恵

ちなみに、どのような老後の生活を望んでいるかにもよりますが、例えば、現在の高齢者の生活を参考に考えると、現在の60歳以上の高齢世帯夫婦2人の年金収入の平均は21.3万円、それに対して支出の平均は26.8万円。90歳まで生きると仮定すると、年金だけでは不足する金額は約1700万円。これに1人あたり500万円の介護費用(2人で1000万円)が加わると2700万円程度は必要です。

ただし、これは65歳で仕事を辞めた場合。仮に50歳で仕事を辞めた場合、50歳から年金を受給できる65歳までの無年金期間の生活費をプラスしておく必要があります。仮に毎月の生活費が20万円だとすると、20万円×12カ月×15年間=3600万円を準備する必要があり、先ほどの金額2700万円と合わせると、6300万円となります。

ちなみに私たちが年金を受給するときには少子高齢化が加速し、現在の年金受給額の7掛け程度といわれています。そうすると、6300万円にさらに2000万円程度がプラスになり8300万円程度が必要になる計算に。「50歳でアーリーリタイアしよう」と思うと、現実はかなり厳しいものなのです……!

会社員女性が50歳までにこの金額を貯めようと思った場合、例えば、手取り給料30万円の半分15万円を21年間年利7%で運用できると、約8500万円になります。

海外移住が目的なら、リモートワークできる仕事を今から選ぶのも一つの手!

これからの時代は、早期に完全にリタイアするというのは、よほどの投資家か事業が成功するか資産家でないと難しいのが現状です。普通の会社員女性が長生き時代に備えるためには、安定的かつ長期的に働き続けることを意識するしかありません。

とはいえ、今と同じペースでずっと働き続けるのは難しいのも分かります。ですから、20代~40代までは週5日でバリバリ働き、50代からは週に2日~3日働くとい具合に働き方を柔軟に変えられるような仕事のスキルを持てるよう今から意識しておくといいですよ。自分だけにしかできない知識や技術があれば、働き方を調整してもニーズはあります。

また、海外に住みたいということであれば、世界中どこにいてもできる仕事の技術を身につけておくのもオススメです。Web系の仕事をしている人であれば、既にリモートワークも盛んですよね。ますます働き方の多様化も進んでいるので、枠にとらわれず、いろいろな視点から考えてみましょう。

また、海外に移住するにせよ、移住先の年金制度などは事前に調べておくことが大切です。潤沢に年金が出る国は、そう多くありません。長期的な視点で一度、マネープラン、キャリアプランを考えてみてはいかがでしょうか。

>>今後のマネープランの参考に!
「あなたにぴったりの年収はいくら?」診断テストでチェックする


『FP Cafe』

『FP Cafe』は、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかるFPと女性をつなぐマッチングサイト。たくさんの女性FPが登録しているからこそ、自分にぴったりなFPを探すことができます。また、『FP Cafe』内のサービスは完全無料・匿名で利用可能。女性の人生の変化や転機に強い、「ハッピーマネープラン」をサポートしています

連載『マネーのお悩み相談室』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman.type.jp/wt/feature/category/soudanをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメの記事

マネー感覚のズレが離婚を招く! 結婚前に彼としておきたいお金...
「結婚しても仕事は辞めない」それが当たり前になったのは、先の見えにくいご時世、夫婦がともに働いた方が家計の安定感も増すし...

結婚・出産が見通せない独身アラサー女性必読! 「これからのお...
30歳が迫ってくると、誰もが一度は考えるお金のこと。でも、結婚や出産などのライフイベントの見通しが不透明な状態で、どのよ...

留学をきっかけにオランダに移住! “敷かれたレール”を思い切...
東京を飛び出し、地方や海外移住をした女性たちに、移住ノウハウや移住後の働き方、人生観の変化について聞いてみました!特集第...

「楽しみたい」から始めた活動に首相夫人も参加! ――「自分の...
パラレルキャリアを経験した方々にインタビューし、そこで得られた“価値”とはどのようなものだったのかを読み解く本連載。今回...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

長期休暇、社宅、社食など!嬉しい福利厚生のある会社