vol. 169

2016.10.24

29歳で貯蓄額は一千万円超え! 「貯金はあるのに将来が不安で仕方ない」製薬会社研究職女子のお財布事情

タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高山一恵さん
職種別にチェック!
隣のアノ子のお財布事情

どんなに仲の良い友達でも、「年収どのくらいあるの?」「貯金いくら持ってるの?」なんて、聞きにくいもの。周囲の人のお財布事情が分からないだけに、今の自分のお金のやりくりが正しいのかどうか、判断できないものですよね。そこでこの連載では、ファイナンシャルプランナー高山一恵さんに、これまでにあった相談事例を元に、働く女性たちのお財布事情を職種別に解説してもらいます。

ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者・1級FP技能士)
マネーマネジメントコーチ、DCプランナー
高山 一恵(たかやま・かずえ)
1974年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画し、10年間取締役を務め、退任。その後、2015年に株式会社Money&Youの取締役へ就任。女性FPと女性をつなぐマッチングサイト「FP Cafe」の事業に注力。また、全国で講演活動・執筆活動、相談業務を行い、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく、親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書に『35歳までにはぜったい知っておきたい お金のきほん』(アスペクト)など多数

~File.10~
製薬会社研究職女子のお財布事情

最近、マネー相談にやってきたAさん。29歳の女性で、職種は製薬会社の研究職。年収は500万円。仕事が忙しい上に、研究室が郊外にあるため都会ほど遊ぶ場所もなく、ほとんどお金を使わないそう。

住居手当等も会社からでているので、貯蓄は順調に増えていっているそうで、なんと、29歳の若さで、貯蓄額が1000万円以上というから驚きです!

研究職

ネットショッピング活用&自炊で無駄はナシ!
堅実なお金のやりくりで手取りの半分以上を貯金

Aさんの研究所は郊外にあり、落ち着いて仕事ができる環境。そのため、ついつい没頭してしまい、気付くといつも夜遅くまで仕事をしてしまうそうです。

休日の楽しみは、同僚の女性たちと近くの温泉に行って、のんびり温泉につかったり、ゆっくり読書をしたりすること。

日常の買い物は洋服や化粧品なども含めて、ネットショッピングで安く済ませているそうで、外食もほとんどせずに自炊

かなり堅実な生活を送っている上に、会社の福利厚生も充実しており、手取りの半分以上は貯金できます。そのため貯蓄額は増える一方。なんてうらやましい!

貯金が1000万円あってもまだまだ不安!?
不動産投資で不労所得もゲットしたい

一方、長年彼氏ができず、職場でも良い出会いがないというAさん。「一生シングルなのではないか」というのが悩みです。

職場の女性たちを見渡してみても、ほとんどの人が独身という環境にいるようで、「もし自分が働けなくなったらどうしよう……」と、将来のことを心配している人も多いそう。

確かに、怪我や病気、親の介護など、意図せず働けなくなってしまう可能性もゼロではありません。そこで「不動産投資」など、不労所得ゲットに乗り出す人が増えているそうです。

周囲の人に影響されて、先日Aさんも休暇を利用して不動産投資のセミナーに参加してみたとのこと。

安定して家賃収入が入ってくれば、将来の年金の足しになるし、自分が働く以外に収入が確保できる経路があるのは何かあった時にも安心だと思ったそうです。

とはいえ、不動産投資を実践するとなると、大きな金額のローンを契約しなければならないので、心配になり、ご相談にいらしたのでした。

「会社員」で、年収500万円以上ある人なら基準はクリア!
不動産投資のメリット・デメリット

不動産投資というと、敷居が高そうな気がしますが、投資手法としては手堅い分野。優良物件を選んで安定した家賃収入を得ることができれば、収入減少や老後の公的年金の不足分に備えることが可能です。

そして、実は、会社員の方の方が不動産投資を有利に進めることができます。というのも、「信用」を味方につけて銀行から融資してもらえるからです。通常、不動産投資をするときには、ローンを組んで物件を購入しますが、会社員は安定した収入(信用)があるので、銀行から融資が下りやすいのです。ローンを利用できることで少額の頭金で不動産投資を始めることが可能になります。ちなみに、不動産投資を有利に行う条件の年収の基準は500万円とされています。

もちろん、空室リスクや地震リスク、家賃滞納リスクなど、不動産投資をする上で考えなければならないリスクもたくさんありますが、現在の生活や貯蓄の状況、将来の不安に備えるという意味で、Aさんは前向きに不動産投資を検討してみてもよいとアドバイスしました。

20代のうちに、お金のことをしっかり考えて行動を起こすのは素晴らしいことですね。

研究職

次回は<大手企業 秘書>女子のお財布事情です。
お楽しみに!

>>あなたにぴったりのお給料はいくら?
「年収診断テスト」でチェックしてみる

『FP Cafe』

『FP Cafe』は、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかるFPと女性をつなぐマッチングサイト。たくさんの女性FPが登録しているからこそ、自分にぴったりなFPを探すことができます。また、『FP Cafe』内のサービスは完全無料・匿名で利用可能。女性の人生の変化や転機に強い、「ハッピーマネープラン」をサポートしています

連載『隣のあの子のお財布事情』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman.type.jp/wt/feature/category/saifuをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメの記事

女・28歳独身! 理想的なお金の使い方&貯め方って?――働く...
20代~30代の働く女性455名を対象に、月々の手取り収入のうち支出と貯金にどれくらいを割いているのか項目別に調査! さ...

国際交流ができて副収入も得られる、今注目の「民泊」って知って...
民泊事業を行うFCS-Labo株式会社の村岡檀さんに、民泊ホストになることのメリットを聞いた。国際交流がしたい、不労所得...

「きつくても好きな仕事」を続けるために! 投資を味方にお金を...
ファイナンシャルプランナー高山一恵さんに、これまでにあった相談事例を元に、働く女性たちのお財布事情を職種別に解説してもら...

「女子力を磨くより、稼ぐ力を身に付けなさい!」上野千鶴子さん...
男女雇用機会均等法の成立から、もうすぐ30年。企業や社会の中で活躍する女性は増えたように思える一方、厳しい側面も少なくな...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

長期休暇、社宅、社食など!嬉しい福利厚生のある会社