vol. 111

2016.07.19

アジア最高齢の女性DJがすごい! 「結婚はしない。子どももいらない。やりたいことをやる」我が道を生きた81年/餃子壮ムロ店主・DJ SUMIROCK

タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アジア最高齢DJが日本にいることをご存じだろうか。その名もDJ SUMIROCK。サングラスをクールに決めてターンテーブルをまわす姿に、国内外から熱い注目が集まっている。

彼女の本名は、岩室純子。1935年生まれの81歳だ。DJを始めたのは、77歳のとき。しかも、普段は高田馬場にある「餃子荘ムロ」で今も弟家族と一緒に料理人として働いているというから驚きだ。「餃子荘ムロ」店主と、DJ。2つの異なる顔を持つ純子さんだが、その人生哲学には独自の芯が通っている。何にもとらわれず我が道を突き進む81歳の背中から、自分の信念のままに生きる素晴らしさを学んでみたい。

DJ SUMIROCK
岩室 純子(いわむろ・すみこ)さん/DJ SUMIROCK

1935生まれ。少女時代に戦争を経験し、19歳でOLと家業の「餃子荘ムロ」の二束の草鞋を履くように。その後、弟家族と共に「餃子荘ムロ」を支え、「餃子荘ムロ」は今年で創業62周年。77歳で麹町のDJスクール『IDPS』に通い始め、DJデビュー。本名の「岩」と「純」にちなみ、DJ SUMIROCKと名乗る。現在も国内外から熱烈なオファーを受けるアジア最高齢DJ

結婚は必要ないけれど、恋人はいた方がいい。
サルトルとボーヴォワールみたいでしょ?

そもそもなんですけど、私、あんまり年齢を気にしたことがないんです。周りにも年下の友達がいっぱいいますから。一番若い子で20歳かしら。みんな私のことを「スミコ」って呼び捨てにしています。

私がこうして取り上げていただけるのも、81歳の現役DJが珍しいからだと思うんですけど、私にとっては何も特別なことではないんです。単に自分の好きなことをしているだけ。自分がしたいから、する。思えば、今までの人生もずっとそうやって歩んできました。

DJ SUMIROCK
ごちゃまぜのワードローブの中からテーマを決め、その日の衣装を揃える

私の父がジャズドラマーだったこともあり、小さい頃からよくジャズを聴いていました。だから、昔から音楽は好きです。ただし、演歌と歌謡曲以外(笑)。

でも、これまでの人生を振り返ってみて「音楽を仕事にしよう」と思ったことは一度もなかった。戦時中は洋楽を聞くなんてもってのほかという風潮があって父は音楽の道でとても苦労して生きてきました。そのせいか、子どもたちには音楽家のような仕事を絶対にさせたがらなかった。私が高校を出た後は、就職なんてせず実家で花嫁修業をして早く結婚するのが一番というふうに育てられました。

戦争が終わり、10代後半になると、私に1つの夢ができました。それは、外国の人ともばんばんやりとりするようなオフィスレディーになってキャリアを積むこと。そのために英会話の勉強もしたし、タイピングの勉強もしました。それで、知人のつてでとある商社に就職したんです。でも、その頃はちょうど父がムロを始めた時期。人手も足りないから、昼は会社で仕事をし、夜はお店を手伝っていました。

DJ SUMIROCK
高田馬場「餃子荘ムロ」にて(画像提供:高田馬場新聞

母親からはしょっちゅう「いい話があるうちに早く結婚しなさい」って急かされていました。でも、その頃から「私に結婚は必要ない」って決めていました。石川達三の『四十八歳の抵抗』っていう小説の中にこんな言葉が出てくるんです。「結婚とは性生活を伴った女中奉公みたいなものだ」って。そんな生活、絶対嫌だって当時は強く思い込んでいて。

ただ、恋愛は大事だと思っていました。恋をしないまま歳を取るなんてもったいない。 

私が生涯のパートナーに出会ったのは、22か、23歳くらいのこと。相手は、25歳年上の中国人男性でした。出会った時の彼は、もうとってもカッコよかったの。お互い結婚という制度を必要としない価値観だったから、それから20年以上ずっと独身のまま恋人関係を続けてきました。まあ、サルトルとボーヴォワールみたいなもの。

結局、いろいろな手続き上の問題から籍を入れた方がいいかってことになって私が50歳手前くらいなったときに結婚しましたけど。具体的に年齢はいくつだったか覚えていません。結婚も、年齢も、どちらも私にはどうでもいいことだったんです。

OVER60は、女が1人で自由に輝くための時間

今でこそこうしてクラブのイベントに出ますけど、若い頃はまったく行ったことはありませんでした。と言うのも、秘書の仕事を辞めて、本格的にムロで仕事を始めてからは、昼の1時に仕込みを始めて、夜の1時までお店に立っているような生活でしたから、夜遊びなんてする時間はどこにもありませんでした。

夫が亡くなったのが、私が60歳になるちょっと前だったかしら。これもちゃんと覚えてないんです。いつも戸籍謄本をとるときに、今度こそ覚えておこうと思うんだけど、すぐに忘れてしまう(笑)。

まあ、とにかく夫が亡くなって、私は1人になりました。

それで最初に始めたのが運転免許を取ることと、旅行に行くこと。最初の一人旅は、ニューヨークへ!

DJ SUMIROCK
マンハッタンの夜景のとりこに

それからも1週間くらい休みをとっては、いろいろ旅に出ました。1人って、気楽でいい。

ワーキングホリデーで日本へやって来たフランス人のアドリアンさんがうちで下宿するようになったのも、ちょうどその頃のこと。彼がDJイベントを主催していて、誘われたから試しに行ってみたの。そしたらハマっちゃって、イベントにもよく通うようになりました。

それであるとき、「スミコもやってみない?」ってターンテーブルをさわらせてもらったんだけど、これがもう下手で、猿の皿回しみたいなもの。ただ、とっても面白かったから、もっと本格的に勉強したいと思ってDJスクール『IDPS』に通うことにしました。それが、2012年のことで私は77歳でした。

人生に納得なんてしてない。“余生”なんてものもない。
だから今日もやりたいことをやる

それからはずっとムロの仕事をしながらDJもやっています。イベントに出るのは月1~2回。夕方から夜までお店で働いて、そこからクラブへ。国内のイベントが中心だけど、パリやノルマンディーのイベントに出たこともあります。先日は『FUJI ROCK FESTIVAL』からもオファーがあったんだけど、予定があって出られなかったから断っちゃいました。

DJ SUMIROCK
私の出囃子は、鉄腕アトムのテーマ曲。やっぱりこの高田馬場でずっと生きてきた女ですから。かける曲もいろいろです。テクノも好きだし、この間はロックも使いました。

料理をしている私と、ターンテーブルをまわす私。どっちが本当の私らしいかって言ったら、そんなのどっちも私です。鍋をまわしているときはお客さんがおいしいって言ってくれたらうれしいし、DJブースにいるときは、みんなが楽しそうに踊っているのを見るのがうれしい。私にとっては、どちらも変わらないんです。

DJ SUMIROCK
よく「何でそんなに元気なんですか?」って聞かれるんですけど、貧乏だからかもしれない。心掛けが悪いから貯金もないし、年金だけじゃ心許ないし、この歳まで働いているのも別にカッコいい理由があるわけではなくて、単に働かなきゃいけないからっていうだけ。

そもそも暇なのって苦手なんです。むしろ忙しい方が好き。この歳になってもまだまだやりたいことはいっぱいあるし、自分の人生に全然納得なんていってない。どうしてムロは繁盛しているのに、店を新しくできないのかしらとか愚痴をこぼしたくなることだってあります。

80を過ぎたけど、余生なんてまだまだきそうにない。今1番やりたいことは、NYのクラブでDJをすること。あとはイビザ、コルシカ、シシリー(シチリア)に旅行したい。そのためには頑張ってまた働かなくちゃ!

DJ SUMIROCK
人生なんてやりたいことをやりきるには短過ぎる。だから、もし何かやりたいことがあるなら年齢なんて気にせずやってみればいいと思います。それが、法に触れることと人に迷惑をかけることでないんなら、やっちゃいけない理由なんてない。

私の父が「楽之(タノシ)」って名前なんですけど、漢字が「之(コレ)を楽しむ」って書くんです。もう名前からしてうちはそういう家系なのかもしれません。

私もまだまだ仕事もDJも、自分の人生まるごと目いっぱい楽しんでやろうと思います。

取材・文/横川良明  画像提供/岩室純子(DJ SUMIROCK)さん

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメの記事

55年間仕事を続けてきた“83歳現役セールスレディー”の助言...
83歳の現役美容販売部員。にわかに信じられないかもしれないが、55年間化粧品の訪問販売を続け、現在でも先頭集団で走り続け...

「幸せでいるために、働き続けた女性」ムーミン研究家が教えるト...
生涯を仕事にささげてきたムーミンシリーズの生みの親、トーベヤンソン。彼女が生まれ育った国フィンランドで、ムーミンとトーベ...

過去の自分を断ち切る勇気ーー全米唯一の日本人漫画家ミサコ・ロ...
「ニューヨークで活躍する日本人女性」に選出され、安倍首相夫妻の懇親会にも招かれた全米唯一のコミックアーティスト、ミサコ・...

「女子力を磨くより、稼ぐ力を身に付けなさい!」上野千鶴子さん...
男女雇用機会均等法の成立から、もうすぐ30年。企業や社会の中で活躍する女性は増えたように思える一方、厳しい側面も少なくな...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

憧れの上司と働く!女性管理職がいる会社

インセンティブ充実!プチリッチな生活を手に入れる

プライベートも充実!年間休日120日以上の求人

未経験でも安心!ノルマが厳しくない営業求人