vol. 101

2016.06.30

ストレス解消旅行と合コン三昧で貯金ゼロ! 航空業界グランドスタッフ女子のお財布事情

タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高山一恵さん
職種別にチェック!
隣のアノ子のお財布事情

どんなに仲の良い友達でも、「年収どのくらいあるの?」「貯金いくら持ってるの?」なんて、聞きにくいもの。周囲の人のお財布事情が分からないだけに、今の自分のお金のやりくりが正しいのかどうか、判断できないものですよね。そこでこの連載では、ファイナンシャルプランナー高山一恵さんに、これまでにあった相談事例を元に、働く女性たちのお財布事情を職種別に解説してもらいます。

ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者・1級FP技能士)
マネーマネジメントコーチ、DCプランナー
高山 一恵(たかやま・かずえ)
1974年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画し、10年間取締役を務め、退任。その後、2015年に株式会社Money&Youの取締役へ就任。女性FPと女性をつなぐマッチングサイト「FP Cafe」の事業に注力。また、全国で講演活動・執筆活動、相談業務を行い、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく、親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書に『35歳までにはぜったい知っておきたい お金のきほん』(アスペクト)など多数

~File.06~
航空業界グランドスタッフ女子のお財布事情

先日、成田空港に勤務する26歳独身のグランドスタッフ女子Aさんがマネー相談にやってきました。空港で働くことに強い憧れを持っていて念願叶って就いた職業ではあるものの、仕事がきつく、将来長く続けられるイメージが持てないため、キャリアとお金のことが不安になったのだそうです。

航空業界 グランドスタッフ

次々に退職していく同僚たち
将来のキャリアパスが描けない……!?

素敵な制服を身にまとい、空港でテキパキと働くグランドホステスに憧れる女性は多いですよね。Aさんもその1人でした。

ただし、華やかなイメージとは裏腹に、実際は重労働。空港勤務なので、早番・遅番のシフト制の勤務体制となっていて休日も不規則です。また、1日中立ち仕事で空港内を歩き回ることも多いため、「体力勝負」とのこと。ハードなのにお給料はそこまで高くないというのもネックだそうです。

年齢を重ねてライフステージが変われば、家庭生活との両立はますます難しくなります。Aさんの周囲の同僚も、20代で辞めてしまう人がほとんど。そんな環境にいるのですから、将来のキャリアやお金についての不安は募って当然ですね。

ストレス解消旅行と合コン三昧で貯金はゼロ!

忙しい日々のストレス解消は、社員割引で買った格安航空券で行く海外旅行。旅先でのショッピングも楽しみの1つだそうです。

また、自分の長期的なキャリア形成に自信がないせいか、結婚願望はかなり高め。暇さえあれば同僚の女性たちと一緒に合コンに行っているとのこと。

合コン相手は、医者や弁護士、起業家などの高収入男性ばかりだそうですが、なかなか関係が発展するまでには至らず……(キャビンアテンダントの友人たちは高確率でカップルになっているらしいです!)。

それでも、「いつか高収入の男性と結婚すれば、貯金がなくても大丈夫だから……」と信じ、合コン三昧、買い物三昧の日々をやめられずにいるそう。そのせいで、月々の貯金はゼロ。ボーナスが入れば数万円余るかな……程度とのこと。

ストレス解消も大事なのですが、もう20代後半なのですから “地に足を着けて”自分の人生を考える必要がありますね。「いつかお金持ちと結婚できるだろう」という思い込みも、根拠がないため全くあてになりません。

リスクの高い結婚観は捨てて、転職を見据えたスキルアップに専念しよう

そこで、Aさんには「転職を見据えた働き方」を意識するようオススメしました。

憧れの仕事だったかもしれませんが、働いてみたからこそ見えてくるものもあり、時には手放す勇気を持つことだって重要です。重労働なのにお給料も少なく貯金をする余裕もないようでは、いくら買い物をしてもストレスは根本的に問題は解消されないでしょう。

転職活動を始めるときに大切なのが、「次の会社でも活かせる」と自信を持って言えるようなスキルや経験の有無。自分にとってそれが何なのか見極め、そのスキルをできる限り高めておくことで、転職者の市場価値が上がります。

Aさんの場合は、「語学スキルには自信がある」とのことでした。普段の業務の中でよりワンランク上のやりとりができるようにスキルを磨くも良し、資格を取得して客観的に自分の語学力を示せるようにしておくも良し。自己投資をして、さらなるレベルアップをすべきだとアドバイスしました。

また、男性が持っている資本をあてにした結婚についての考え方も、リスクが高いことを伝えました。今や、共働きがスタンダードな時代。数少ない高収入の男性との合コンに注力するより、経済的にも精神的にも自立できるよう努力する方がよっぽど効率的なのです。収入の少ない女性は結婚相手として選ばれにくいという調査結果も出ています。

「年収800万円以上の男性じゃなきゃ論外!」なんて言わず、身近な男性にも目を向けてみれば結婚の可能性は広がります。

万に一つお金持ちの男性と結婚できても、夫がいつ働けなくなるかも分かりません。離婚する可能性だってゼロではありませんよね。年齢を重ねた時に自分自身に十分な職務経験が無ければ、現代の日本社会で再就職できる可能性はかなり低いと言えます。

後々になって困らないように、自分のビジネスパーソンとしてのスキルを磨きながら、ライフステージが変わっても長く続けられる仕事を見つけましょう。そうすれば、自ずとお金に対する不安感も薄れていくはずですよ。

グランドスタッフ
次回は<美容業界 美容師>女子のお財布事情です。
お楽しみに!

『FP Cafe』

『FP Cafe』は、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかるFPと女性をつなぐマッチングサイト。たくさんの女性FPが登録しているからこそ、自分にぴったりなFPを探すことができます。また、『FP Cafe』内のサービスは完全無料・匿名で利用可能。女性の人生の変化や転機に強い、「ハッピーマネープラン」をサポートしています

>>あなたにぴったりの年収はいくら? 年収診断テストでチェックする

連載『隣のあの子のお財布事情』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman.type.jp/wt/feature/category/saifuをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメの記事

実家暮らしなのに貯金ゼロ!? 稼いだお金のほとんどが“自己投...
ファイナンシャルプランナー高山一恵さんに、これまでにあった相談事例を元に、働く女性たちのお財布事情を職種別に解説してもら...

プチリッチな老後生活を送るには? 賢くお金を貯めたい・増やし...
2016年3月12日、東京・りそな九段ビルにて、『プチリッチな老後生活を送るための 貯め方 & 増やし方』イベントが開催...

成果に見合った給料がほしいけど成果給は嫌!? 働く女性が給与...
働く女性たちに給与制度についてアンケート。成果給制と固定給制のどちらがいいか聞いてみると、結果に大きな矛盾が生じました。...

“大切そうに見えるもの”のために、人生を犠牲にしてはいけない...
どうすれば不安と葛藤の毎日を変えることができるのか。一歩を踏み出せずにいる女性たちへ、『CRAZY WEDDING』代表...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

長期休暇、社宅、社食など!嬉しい福利厚生のある会社