vol. 8

2016.01.21

「収入が増えても貯まらない」本当のワケは? 貯金ゼロ子がすべきたった1つのこと

タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高山一恵さん
お金のプロに聞きたい!
働く女性のマネーのお悩み相談室

仕事をしている女性であれば、自分の収入や貯金、保険や税金のことなど、お金のことで一度は悩んだことがあるはず。そこでこの連載では、女性から大人気のファイナンシャルプランナー・高山一恵さんに、読者の皆さんから寄せられたマネーのお悩み相談に乗っていただきます! 自分のお金を賢く貯める・増やす・使う術を学びましょう

ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者・1級FP技能士)
マネーマネジメントコーチ、DCプランナー
高山 一恵(たかやま・かずえ)
1974年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンの設立に参画し、10年間取締役を務め、退任。その後、2015年に株式会社Money&Youの取締役へ就任。女性FPと女性をつなぐマッチングサイト「FP Cafe」の事業に注力。また、全国で講演活動・執筆活動、相談業務を行い、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく、親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書に『35歳までにはぜったい知っておきたい お金のきほん』(アスペクト)など多数
マネーのお悩み相談室

貯蓄を増やしたいなら、収入アップより支出に目を向けてみよう

今回の質問者さんのように、「特に無駄遣いしているつもりはないのに、全然お金が貯まらない……」という女性は、少なくありません。この場合、大切なのは、「支出の分析」です。「無駄遣いはしていないのに、お金が貯まらない……」という方の多くが、「何にどれだけお金を使っているのか」を把握できていないケースが多いのです。

また、お金を貯めるには、「収入がもっと多ければ……」と収入に目を向ける方が多いようですが、収入が多くても貯金できない人もいれば、収入が少なくても貯金できる人もいます。つまり、収入よりも「支出」に目を向け、支出のコントロールをすることが重要なのです。

支出を把握するための簡単テクニック

支出の分析をするには、家計簿が有効ですが、いきなり本格的な家計簿をつけるとなるとハードルが上がってしまうと思うので、簡単な方法をご紹介します。

いくつか封筒、もしくはジャバラのファイルを準備してください。「住宅費」、「食費」、「交際費・レジャー費」、「水道光熱費・通信費」、「教育費・自己投資」、「衣服・理美容費」、「保険料」、「税金」、「その他」など、ざっくりでいいので項目ごとにラベル分けします。クレジットカードをよく使う場合には、クレジットカードの明細を入れる項目を作ってもOKです。

項目ごとに分かれた封筒(あるいはファイル)に入れてほしいのは、「レシート」です。寝る前など、一日の終わりにレシートを取り出して各封筒の該当する項目にレシートを入れてください。交通費とか自動販売機などでの買い物など、レシートがでないものは金額をメモしておいて、レシート代わりにすると便利です。そして、項目ごとにレシートを貯めていき、月末に集計してみてください。小さなお金を大きな視野で把握するためのものなので、今月は食費が5万円かかった、美容費が2万円かかった、というように、“ざっくりとした数字”を把握すれば大丈夫です。あまり神経質にやると続かなくなるので、気楽に楽しんでやってみましょう。

「自分の好きなもの」の項目を追加するとなお良し

レシート保管のための項目をつくるとき、自分が日常的によく行くお店や、買うものがあれば、その項目を追加して設定しておくのもオススメです。例えば、「平日は必ず、1日2回はスタバに行ってコーヒーを買っている」という女性も多いのでは? そういう場合は、「コーヒー費」という項目を設定してみましょう。1回数百円レベルなので何気なく使っている方も多いと思いますが、レシートを1カ月分集計してみると、すごい金額になっていたというケースはよくあります。カフェ代やコンビニ代だけで月数万~数十万円使ってしまっているなんて人も実際にいるものです。

各項目のレシートを1カ月ごとに集計し、これを続けることによって、自分の使ったお金の流れが大きく把握できるようになります。「今月は食費が多かったな」、「交際費・レジャー費がだいぶ少なくなった」というように、どんな出費がそれまでと比較して多いのか、少ないのかが見えてきます。そして、増えた項目のレシートを見ながら振り返ると、無駄遣いしていそうな部分、節約できそうな部分を探せるようになります。そうして無駄遣いを減らしたり、節約できたりして浮いたお金を貯蓄に回していきましょう。支出の可視化を習慣化すると意識にも変化があらわれて、どんどんお金を貯められるようになりますよ。

無駄遣いをしていないのにお金が貯まらないという方は、ぜひ試してみてくださいね。

>>あなたにぴったりの年収はいくら? 年収診断テストでチェックする

『FP Cafe』

『FP Cafe』は、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかるFPと女性をつなぐマッチングサイト。たくさんの女性FPが登録しているからこそ、自分にぴったりなFPを探すことができます。また、『FP Cafe』内のサービスは完全無料・匿名で利用可能。女性の人生の変化や転機に強い、「ハッピーマネープラン」をサポートしています

連載『マネーのお悩み相談室』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman.type.jp/wt/feature/category/soudanをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメの記事

貯金・結婚・保険・老後――働く女性の“マネー4大不安”をプロ...
FP高山さんが20代~30代の働く女性たちから受ける相談で多い4つの「お金の悩み」を事例に、実際にどんなことをしてもらえ...

賃貸と持ち家はどっちがお得? “老後が長い”女性こそ知ってお...
ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんが、女性にとって重要なライフイベントごとに必要となるお金について教えます!今回の...

働き盛りの女性たちこそ要注意! 乳がんによる手術・入院などで...
ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんが、女性にとって重要なライフイベントごとに必要となるお金について教えます!今回の...

結婚費用は全国平均でいくら? 未婚女子が知っておくべき結婚に...
ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんが、女性にとって重要なライフイベントごとに必要となるお金について教えます!今回の...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

グローバルな環境で働く!外資系企業&語学を活かせる仕事

長期休暇、社宅、社食など!嬉しい福利厚生のある会社