ドラマ『任侠ヘルパー』が始まるなど、現在大注目の介護職。でも、その仕事の実態って意外と 知られていないもの。そこで、今回は女性の就業率が高い事務系職種と介護のお仕事の違いを 徹底比較!
事務職と介護の仕事の意外な一面が見えてくるかも!?

現役事務職女性と介護職女性にアンケートを実施。現在の仕事の気に入っている点や不満 などをもとに、それぞれの仕事の特徴を探ってみました!

現在の雇用形態は?

事務職女性のうち約2/3の方が非正社員という結果に。介護職女性とは正反対の数字になった。パートタイマーなど多様な働き方ができるイメージの強い介護職だが、意外に正社員の割合は高いみたい

今の仕事を選んだ理由は?

事務職女性の回答には「他に良い仕事がなかった」、「理由はない」などのネガティブな意見が目立った。一方介護職女性は人の役に立ちたいなど、意志を感じ取れる意見が多かった

今の仕事内容に満足してる?

なんと、事務職女性の半数以上が現在の仕事内容に不満と回答。仕事を選んだ際にネガティブな理由で選んでいた人が多かったことも原因の1つ?一方、介護職女性は仕事内容の満足度がとても高いことが判明!

今のお給料に満足してる?

事務職女性も介護職女性ももらっているお給料には不満がたまっているみたい。今が少ないという点だけでなく、今後上がっていくのかどうかも重要。キャリアアップの可能性があるなら投資時間と捉えられるはず

現在の労働時間・休日休暇に満足してる?

介護職女性は労働時間に不満がある人が多いみたい。正社員の方が多いことから、夜勤があることが原因かも。事務職女性は勤務時間への不満はあまりないという結果に

現在の職場の人間関係には満足してる?

人と触れ合うことが多い介護の現場には、あまり人間関係でのゴタゴタはないよう。事務職女性は方は不満と満足が半々。給 湯室でぐちってしまうこともあるのかも!

今の仕事をいつまで続けたい?

ココでは意外な結果が!事務職女性の大半が分からないと回答したのに対し、介護職女性の半数が11年以上続けたいと答えた。働き続けられる限りと答えた方も多かったのも、仕事に満足している証拠!?

今の仕事に対する不安といったら?

仕事に対する不安はそれぞれの仕事を特徴づける結果が。雇用や勤務体系に関する悩みを挙げた事務職女性に対し介護職女性は待遇や健康面に意見が集中。ニーズの高い仕事なだけあって雇用に対する不安はほとんどないみたい!

アンケート概要■女の転職@type会員アンケート及び平成20年度版『介護労働の現状ⅠⅡ』(財団法人 介護労働安定センター)2008.8月発行、平成19年度『介護労働者の就業実態と就業意識調査』結果より抜粋

やりがいでは介護職に軍配! 待遇面では事務職がちょっと有利!?

様々な角度から、2つの仕事を比較してみた今回はそれぞれの良い面悪い面が浮き彫りに。 特に注目したいのは事務職の仕事内容への満足度の低さと介護職の待遇への不満。仕事をする時間は1日約8時間。1日の1/3もの時間を費やしている仕事にやりがいが感じられないなんて本当にもったいない!でも、今の仕事に対する不安でも「キャリアアップできない」という声が上位に上がっていることから、仕事を頑張りたいと考えている事務職女性はかなり多いみたい。一方、仕事内容には大満足だった介護職女性は待遇面に不満。一時のマスコミ報道ほど劣悪な環境ではないもののやりがいある仕事だけに、もう少しお給料をもらってもいいのでは?というのがホンネのよう。
また、今の仕事をいつまで続けたいか?という問いに大きな差が。事務職女性は大半が「分からない」と答えたのに対し、待遇面に不満を持つ介護職女性の半数以上が今の仕事を一生続けたいと発言。なぜ、「分からない」と答えたのか、どうして待遇面に不満があるのに続けたいと考えたのか。次回は、そんな疑問に答えるべく、それぞれのお仕事のキャリアをシミュレーション。事務職と介護職の未来を探っていきます!
未経験者歓迎!介護のお仕事特集
実務経験をしっかりつける事務系スペシャリストのお仕事特集