30
APR/2013

「え、何で!?」思わずびっくりした新入社員のあり得ない行動

タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元気な新入社員が入ると、職場の雰囲気もちょっぴりフレッシュになった気がしますよね。先輩としてしっかりしたところを見せなくちゃ、と気持ちが引き締まる季節でもあります。

でも、新入社員ならではの世間知らずな言動に、思わず凍りついてしまった経験がある人も多いのでは?

今回は、働く女性123人に、「思わずびっくりした新入社員の行動」について聞いてみました。

新入社員
上のグラフは、「入社したばかりの新入社員の行動で、びっくりさせられたことはありますか?」という質問の結果です。6割近くの働く女性が「ある」と回答。多くの先輩女性たちが新・社会人たちの突飛な行動に度肝を抜かれているようです。
では、どんな信じられない行動に遭遇したのでしょうか? 具体的なエピソードを聞いてみました。

【あのー何様ですか?】
「新人が担当するプロジェクトの重要な会議の日に『その日は誕生日だから休みます! 先輩代わりに出てください!』とさも当然の権利かのように主張した新人。開いた口が塞がらないとはまさにこのことだと思いました」(32歳/総務・人事)
「入力するデータを、指示した資料と違う物を使用していたので指摘すると『でも合ってるから大丈夫です!』とやや逆ギレ気味に反論された。合っているかどうか決めるのはあなたじゃないんですけど・・・」(30歳/その他)
「接客業なのにスッピンで出勤してきた。『メイクしてきて』と伝えると『アレルギーなのでできません』と断ったくせに、その後の他社との打ち合わせの際にはバッチリメイク!!」(28歳/エステティシャン)
「飲んで上司にタメ口、絡み出した。前日飲み過ぎて、寝坊して迎えにいくまで起きなかった」(32歳/マーケティング)

【お友達ではありません】
「歓迎会で、終わりに『みなさん私と番号交換してくださいー!』って、友達じゃないんだから・・・と一同ドン引き」(28歳/営業事務)
「『○○さんて××(キャラクター)に似ている~』と全く物怖じせずに言い、その時からわたしを『××ちゃ~ん』とそのキャラクター名で勝手に呼んできた」(28歳/総務・人事)


【いくつになっても甘えん坊】

「入店初日に彼氏を職場に連れてきて、店長を『可愛いでしょ?』って紹介してた・・・」(28歳/接客・販売)
「燃えるごみ、燃えないごみの区別が全くつかなかった新人。なぜかと聞けば、今まですべて母親がやってくれていたそうだ」(38歳/営業事務)
「出勤初日に母親が同行、社内ツアーまでした」(38歳/キャリアアドバイザー)

【ある意味、大物?】
「20歳の新人女子社員が40代のマネージャーに仕事を教わり、マネージャーが終わろうとしたとき、『ちょいちょいちょいちょい!!! ちゃんと教えて下さいよ!!!』とキツい口調ですごんでいた」(36歳/ホテル、宿泊サービス)
「ものすごく可愛い女の子の後輩が、全社員300人位の前で行う自己紹介で、『みなさん宜しく』と言って終わった。普通、宜しくお願い致しますでしょと会場がザワザワしました」(23歳/営業事務)
「まだ大学生気分が抜け切らないのか、お客様に対して『え?マジですか?』という言葉遣いをしてしまい、クレームの原因に・・・お客様から聞いた時わたし自身も驚きました・・・」(21歳/接客・販売)

【自由さを勘違い】
「入社当初から居眠りしている上に、『私、ほめられて伸びるタイプなんです』と自分から言ってきた」(35歳/事務・企画関連職)
「部署の飲み会で、幹事やほかの出席者に事前に何も言わずに途中で『お疲れ様でした!』と言って帰って行った」(38歳/一般事務)
「急に金髪にしてきて、『それでは仕事にならない』と言ったら、『じゃ、帰ります』と言ってそのまま休もうとした」(38歳/接客・販売)
「入社した日に『副業でアルバイト始めたいので、今日面接行ってきます!残業はできません!』発言をした子がいました」(23歳/調理)

【謎の行動】
「事務所に夏場アイスクリームのお中元が届いた時、保冷用に入っていたドライアイスを流しの洗い桶に入れて、そこに、水を入れて、スモークをもくもく立てながら運んで来て足元に置いた。どうしたのと聞いたら、『自然のクーラーです。エコです』と言われた」(33歳/営業事務)
「歓迎会で先輩女性社員(36歳)が何歳に見えるかという話題になった時、新卒の女の子が一言『48歳』と。若く見える人だったのに、なぜ…(笑)」(25歳/営業)
「社内が寒いのか何なのか、ブランケットを頭からかぶっていた」(29歳/一般事務)

このほか、多くの人が挙げたのが、「敬語ができない」「電話の受け答えができない」。とはいえ、上のエピソードに比べたら、それも成長過程と大目に見てあげたくもなりますね。中には、「まだ慣れない電話対応で、上司が打ち合わせに行っている旨を伝えようとしたのだが、緊張しすぎたのか、『ただいま打ち上げに行っております!』と言っていた」(25歳/事務・企画関連職)なんて微笑ましいエピソードもありました(笑)。

入社から約1カ月が経ち、研修やら何やらで忙しそうにしていた新人たちもどんどん現場に出てき始めるころ。「こんなこともできないなんて、今年の新人はひどい!」なんて鼻息荒くなっている人はちょっと待った! 自分が新人だったころを思い出してみませんか?

というわけで、「自分自身は、新入社員だったころと比べて成長したと思いますか?」という質問をしてみました。

新入社員

ご覧のとおり、9割弱の人が「成長したと思う」と答えています。どんなときに成長を感じるか聞いてみると、「震えながらしていた顧客への電話を躊躇なくかけられるようになった時」(25歳/一般事務)、「上司や取引先の性格を読んでうまく振るまえるようになった」(29歳/営業企画)、「外部の方に連絡した際にスラスラと敬語を使えるようになった」(24歳/コールセンター)など。新人時代に辛くて苦手だったあれやこれやが今はサラリとこなせてしまうことに自分の成長を一番実感しているようです。

新入社員のあり得な~い行動も、「いずれわたしのように立派に成長するんだ」と思えば許せちゃう……かも?

【アンケート調査概要】
●調査方法:転職サイト『女の転職@type』の20代~30代女性会員およびWebマガジン『Woman type』サイト読者へのWebアンケート
●調査期間:2013年4月12日~4月18日
●有効回答者数:123名
取材・文/根本愛美(編集部)

連載『働く女の本音白書』の過去記事一覧はこちら

>> http://woman.type.jp/wt/feature/category/honneをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメの記事

IT業界なら長く働ける!? 飽き性な女性が「仕事が趣味」と胸...
今回紹介するワーキングビューティーは、Sky株式会社の大室祐香里さん。飽き性で一つのことに打ち込むことが苦手だったと語る...

「投資」と「消費」の区別がカギ! 人生を充実させるお金との付...
年末の賞与の時期を控えて、お金のことが気になってくる季節。何に使おうか考えるのもいいけれど、これまでのお金の使い方につい...

「8時間睡眠がベスト」は都市伝説!? 短い時間で快眠を得るた...
質の高い睡眠を取るためにはどのようなことに気を付ければいいのだろうか。日常の中でやってしまいがちな、快眠を妨げるNG行動...

“モノづくり一筋”だった女性が学んだ、「突然の部署異動」を自...
今回紹介するワーキングビューティーは、フランスベッドホールディングス株式会社の輿水良子さん。インテリアの企画開発を夢見て...

オススメ求人特集

育児と両立可能な会社

福利厚生が充実している会社

賞与・インセンティブ充実!働くならしっかり稼ぎたい

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事

月給25万円以上の事務職求人