11
APR/2014

避妊目的や生理トラブルがなくてもピルを飲んだ方が良い3つの理由

タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
避妊目的や生理トラブルがなくてもピルを飲んだ方が良い3つの理由
週末の予定を楽しみに仕事を頑張ったのに生理が来てガッカリ、パジャマやシーツに経血が付いてしまって忙しい朝にバタバタ、生理前は食欲が止まらず肌荒れもひどくてイライラ…。こんな経験を持つ女性は多いはず。生理トラブルにとられる時間や感じるストレスは、仕事やプライベートを地味に、しかし確実に圧迫する。

この女性を悩ます生理、ピル(低容量経口避妊薬:通称OC)を飲めば、簡単かつ安全に生理予定日をコントロールしたり、症状を軽くしたりできるという。「ピル=避妊または婦人科系の病気治療のもの」というイメージがあるが、パートナーがいなくても、生理トラブルが深刻でなくても、飲んで大丈夫なのだろうか? よしの女性診療所の吉野一枝先生にお話を伺ったところ、「ピルには働く女性にとってたくさんのメリットがある」と教えてくれた。

フランス人女性の60%はピルユーザー
なぜピルは日本で普及しないのか

多くの日本人女性にとってあまり馴染みがないピルだが、「フランスでは約60%の女性がピルを服用している」と、吉野先生。

「フランスでは、避妊効果が高く、女性が自主的に使える方法として、幅広い年代の女性がピルを愛用しています。1990年にフランスで行われた調査によれば、過去20年間で女性の人生に最も貢献したものの第1位にピルが挙げられるほど、身近な存在なんです」

一方、日本のピル普及率は1~3%と言われており、先進国の中でも飛び抜けて遅れているという。これは北朝鮮よりも低い数値なのだとか。なぜ、日本でピルは普及しないのだろうか?

「認可が下りるのに時間が掛かったこともありますが、『よく知らないから怖い』という拒絶反応や、『妊娠しにくくなる』、『ピルを飲むのは不自然』という誤った認識が根強いのが主な原因ではないでしょうか。特に、『健康な状態であれば毎月起こるはずの排卵をストップさせるのは不自然』と考える方は多いですね。でも生物学的には、25歳を過ぎても妊娠せずに、毎月排卵があることの方が不自然なんですよ」

吉野先生によれば、健康な女性がピルを飲むメリットは大きく3つあるという。

メリット1
自由自在に生理予定日のコントロールが可能

ピルを服用すると、生理が規則的に来るようになるだけでなく、一時的に予定日をずらしたり、生理自体をなくしてしまうこともできる。

「平日に生理が来るようにして週末を楽しんだり、逆に週末に生理が来るようにして体を休めたりと、自分のリズムに合わせて毎月の生理予定日を調整できます。旅行や試験、失敗できない大事な仕事の時など、イベントの前後に生理をずらすことも。さらには、ピルは通常であれば21日間服用し、その後7日間の休薬期間を設けますが、休薬せずに飲み続けることで、その月の生理をスキップすることもできます」

メリット2
婦人科系疾患の予防になる

経口避妊薬の服用期間と卵巣がんの発症リスク
※グラフは編集部にて作成(参照元
出産回数が減り、排卵数が増えたことによる影響で、女性が婦人科系の疾患を発症する確率は高くなっている。

排卵を抑制する作用があるピルは、こういった病気の予防にも活用したい。

「子宮内膜症や卵巣がん、子宮体がんなどのリスクが高まっていますが、ピルを飲むとそういった病気の予防にもつながります。ピルを5年間継続して服用していると、そうでなかった場合より卵巣がんの発症が3割抑制できることも分かっているんですよ」

メリット3
35歳過ぎてからの妊娠しやすさ

現代では30歳くらいまでは思い切り仕事に打ち込み、それから子どもを持つことを考える、という女性も少なくない。「ピルを飲むと妊娠しにくくなる」というイメージを持っている人も多いが、実はハードに仕事をしながらでも産める体を保つために、ピルは効果を発揮してくれる。

「ピルの服用をやめると1~3カ月で体が妊娠可能な状態に戻ります。ピルを20代から服用していれば、30代後半でも比較的スムーズに妊娠することができます。卵巣を休ませホルモンバランスを整えていたことが、妊娠しやすい体作りにつながったのではないでしょうか」

吉野先生は「女性の健康に関しては、日本は世界の中でも後進国。特に、日本女性は体に関して人任せな部分が多く、意識が低いことが問題」と警鐘を鳴らす。

「受け身ではなく主体的に自分の体と付き合うことが大切です。私はもちろん、私の周りの婦人科医師はピルやホルモン剤を服用している人がほとんど。避妊目的や生理トラブルがない女性にも、ぜひ上手く活用してほしいですね」

長く働き続けるためにも、自分の体はなるべく自分の意志でコントロールしたいもの。きちんと検討して取り入れれば、ピルは長く仕事を続けたい女性の強い味方になり得るかもしれない。

 吉野一枝先生

お話を伺った方
よしの女性診療所 院長 産婦人科医・臨床心理士
吉野一枝先生

1954年、東京生まれ。高校卒業後、今でいうフリーターや、コマーシャル制作会社勤務を経て、29歳の時、医学部受験を志す。3年間の予備校通いの末、32歳で帝京大学医学部入学。東京大学医学部産科婦人科学教室、 母子愛育会愛育病院などを経て、2003年によしの女性診療所を開院。かかりつけ医として診療を行いながら、メディアなどでも広く活躍中
よしの女性診療所:http://www.drkazue.jp/

取材・文/仲間麻美

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Woman typeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメの記事

自律神経のトラブルが、ホルモンバランスの乱れを招く! 働く女...
婦人科医・松村圭子先生が、不調改善&予防に役立つホルモンバランスのメンテナンス術を伝授! 今回は、ホルモンバランスに関す...

デスクワークで胸がしぼんでいく!? 美乳を育てる3つの習慣
「デスクワークでパソコンに向かって仕事をする。それだけで、胸が小さくなったり、垂れたりする原因になります」。こう断言する...

妊娠しないとリスクが高まる!? 現代のアラサー女子が婦人科系...
アラサー世代が気を付けるべき女性ならではの病気とは何なのだろうか。婦人科医として多くの女性たちを診察してきた成城松村クリ...

女性は男性の3倍「夏季うつ」にかかりやすい! その見極め方と...
夏バテと症状が似ているため、気付かれないことも多い夏季うつ。女性は環境変化による影響を受けやすいため、男性の3倍かかりや...

あなたにオススメの企業

オススメ求人特集

福利厚生が充実している会社

やっぱり欲しい安定感! 大手・上場企業で働こう

制度充実!子育てしやすい会社

トレンドを発信!ファッション・コスメ系の仕事

女性ならではのアイデアやセンスが活かせる仕事