仕事を知る仕事を知る

“営業”と聞くと、「大変そう」「私には向いていない」と敬遠していませんか?実は、未経験からチャレンジできる求人が多いのが営業職。

また、単に営業と言っても、法人営業、個人営業だけでなく、ファイナンシャルプランナーやキャリアカウンセラーなど、その仕事はさまざま。

ここでは、それぞれの仕事をご紹介し、営業職の魅力をお伝えしています。

まずは、その仕事を“知る”ことから始めてみませんか?

法人向け企画営業(BtoB)

企業を対象に商品やサービスを売るための営業活動を行います。営業スタイルは業種や商材によって電話営業からルート営業、飛び込み営業までさまざまな形があります。多くの企業担当者や経営者と出会い、仕事を通して幅広い視野と知識を得ることができることも法人向け営業の醍醐味の一つ。また売上という形で結果が見えるので、成果給を支給する企業も多くあり、高収入も夢ではない仕事です。

個人向け企画営業(BtoC)

個人を対象に商品やサービスを提案し、販売する仕事。不動産投資や賃貸・新築物件を取扱う営業や、保険のライフプランナーをはじめ、ウェディングのアドバイザー、旅行プランナーなども個人向け営業に分類できる。個々人のニーズをいかに引き出し、応えるかが重要な仕事です。色々な人と出会い、経験やスキルを磨くことができるほか、成績に応じた成果報酬が支給される企業も多いようです。

ルート営業、代理店営業・パートナーセールス

ルート営業は、すでにお付き合いのある企業や顧客に対して営業活動を行ったり、継続して取引してもらえるようにフォローをする仕事です。また、代理店営業とは、顧客との間を販売代理店が仲介しており、その販売代理店に対して営業活動を行う形態のことを指します。自社の製品やサービスを広く販売・導入するために、販売代理店を開拓したり、既存代理店に対して営業支援を行います。

内勤営業、カウンターセールス

店舗に来店されたお客様や電話で問い合わせがあった顧客に対して商品やサービスの説明・販売を行う仕事です。携帯電話の店舗販売や旅行代理店、不動産の窓口などが代表的な仕事。私達が普段から身近に接する機会が多い営業職と言えるでしょう。

ファイナンシャルプランナー(FP・AFP・CFP)

個人的な資産運用や金融に関するアドバイスをする仕事。顧客から収入・支出や家族構成・資産などの情報提供を受け、それを元に顧客の現在から未来におけるライフプランニングに即した資金計画を提案していきます。営業職の中で唯一資格を必要とする職種であり、国家資格の「ファイナンシャル・プランニング技能士」、民間資格の「AFP(国内資格)」と「CFP(国際資格)」の大きく3つに分けられます。

MR(医療情報担当者)、医療機器・医薬品営業

Medical Representativeの略で、正式名称は医薬情報担当者。製薬会社を代表して、医療機関へ薬の情報を提供する仕事です。また、新薬や薬事法などに関する情報収集も主要な仕事の一つ。医師や薬剤師から製品の有効性や安全性、品質などの医薬情報や自社の医薬品を使用した症例などをヒアリングし、新薬の開発や適応拡大につなげていく仕事です。

キャリアカウンセラー、人材・派遣コーディネーター

キャリアカウンセラーは相談者と面談を行い、相手の経験やスキルに応じて選択肢を提示し、適切なアドバイスを行うことが仕事。例えば人材業界のキャリアカウンセラーであれば、求職者に対して仕事の紹介やアドバイスだけでなく、キャリア形成など転職に関わるさまざまな相談も受けます。一方、人材・派遣コーディネーターは、派遣登録スタッフの募集やお仕事の紹介・スタッフ管理などを行います。そのため、さまざまな職種に関する深い知識とコミュニケーション能力が求められます。

コールセンター運営、スーパーバイザー(SV)

スーパーバイザーとは、店舗や窓口など売上や店舗全体のこと、またそこで働く人々に至るまでを監督・管理・監修する仕事を指します。転職サイトでは、コールセンターや携帯電話の店舗販売のスーパーバイザー(SV)の求人が多い傾向にあります。複数の店舗を担当することもあり、本部と店舗などの現場をつなぐ仕事でもあります。

カスタマーサポート、オペレーター

顧客からの電話やメールに対応する仕事。問い合わせや苦情への対応が中心ですが、電話受付や販売促進(販促)なども行う場合があります。仕事内容はユーザーから電話を受ける「インバウンド」と、企業側から販促や督促の電話をかける「アウトバウンド」に分類されます。どちらの場合も、カスタマーサポートやオペレーターは企業の窓口であり顔。企業や商品の評価にも直結する重要な仕事です。

マーケティング、広告宣伝、商品企画・商品開発、販促

いずれも商品の開発・販売戦略に関わる仕事。消費者のニーズを捉え、新商品を生み出すのが商品企画・商品開発の仕事であり、販促やマーケティングはそれら商品と消費者の接点を作り、商品が売れる仕組みを構築します。双方とも情報を収集し、グラフや数値などのデータを駆使しながら将来のトレンドを予測し、企画や戦略を作り上げていきます。また社内外の人と連携することも非常に多く、デスクワークやミーティングが多いことも特徴の一つです。

バイヤー・仕入れ、マーチャンダイザー(MD)

バイヤーとは服や家電、雑貨などを販売する小売業で、仕入れ業務を担う仕事です。トレンドをリサーチし、販売する商品を選定、そして仕入先と値段や輸送方法を交渉し、商品を仕入れてくるまでがバイヤーの仕事の流れです。未経験からバイヤー職に就けることは少なく、多く場合は販売員を経てバイヤーへとキャリアアップしていきます。マーチャンダイザーは、商品の開発から販売に至るまでバイヤーよりさらに幅広い領域を担当する仕事です。

その他営業・企画・マーケティング関連職

これまでご紹介した職種と一部重複する部分もありますが、コンサルタントやキャリアカウンセラー、ファイナンシャルプランナーとは異なる業種のアドバイザーなどが挙げられます。また様々な役割を担う総合職なども当てはまります。

気になる疑問を解決!

未経験OKって本当?
女の転職@typeで「未経験OK」のアピールポイントが付いていたり、求人の中に「未経験歓迎」等の記載があれば、もちろん未経験でもまったく問題はありません。実際に多くの転職サイトでも営業職は未経験OKの求人が多く、女の転職@typeでは約7割が未経験OKの求人です。
未経験OKの求人
なぜ未経験OKの求人が多いの?
自社の顔として仕事をする営業職は、転職の際には一見経験者が優遇されると思いがちですが、未経験者でも転職は十分に成功する可能性があります。その理由は、営業職は他の職種とは異なり、人数が多くても仕事量が目減りすることが少なく、そのため常に求人が多くあるからです。
また、未経験でもすぐに現場で活躍できるように教育制度が整っていることが多いことも求人が多い理由として挙げられます。そのため、未経験者で営業職へ転職を考えている人には大いにチャンスがあると言えます。
正直、ノルマってあるの?
企業や営業スタイル、業種にもよるというのが正直なところ。また近年では「ノルマ」ではなく、「目標」という形で個人やチームの指標を掲げている企業も多くあります。
個人ノルマなしの求人
インセンティブって?
ノルマや目標などを上回る業績を上げた営業マンに対して、給与とは別に支払われる報奨金のこと。営業職では、インセンティブがモチベーションになるという人も少なくありません。自身の頑張り次第で、支給額が大きく変わってくることも。
インセンティブ充実の求人
大変なことは?
お客様やクライアントの都合で夜遅くなることも。一方で、直行・直帰など営業職ならではの時間の融通が利くという一面もあります。自分自身で上手く調整してというのはどの職種でも変わらないのかもしれません。
直行・直帰可能な求人
やりがいは?
自分自身の頑張りが目に見え、それを実感しながら仕事ができることです。まさに営業職の醍醐味と言えます。

女の転職@typeTOPへ