正社員で成長したい女性のための転職サイト

女の転職@type
新規登録 ログイン

ログインされていません

女の転職@type 年収500万円以上!プチリッチウーマン図鑑

vol.43(2008年3月14日更新)


「やりがい」も「お金」も手に入れたワーキングウーマンを隔週で紹介!
どんな仕事しているの?プライベートは充実してる?憧れウーマンの実態を直撃★

 

名前 木村 裕美さん(仮名)
年齢 27歳
現在の
会社名
外資系医療機器メーカー 
部署 情報技術部
役職 スペシャリスト
年収 750万程度(残業込み)
前職 中堅ITベンダー企業
部署 ヘルプデスク
年収 400万円程度(残業込み)
1ヶ月のお小遣い 6万円位
主な
使い道
外食や服飾雑貨
お住まい 都市部の2DKアパート(もうすぐマンションに引越しです)
趣味 クラシックバレエ、お散歩、旅行
好きな
言葉
「経験こそ宝」


大好きな作家は、江國香織さん。ほとんどの作品を読破しているとか。中でも「人物や情景描写が素晴らしいんです」と、何回も読み返してしまうほどお気に入りの一冊がこちら。
いつだってバッグに入っている電子辞書。街を歩いていて、看板などでちょっとでも気になる単語があるとすぐに調べることが癖になっているんだそうです。この勉強熱心さがキャリアへつながっているんですね!
通勤中や帰宅時など、移動時には必ず聞いているという携帯オーディオプレーヤー。音楽を聴くことはもちろん、英語のレッスンをきいていることもあるとか。毎日の積み重ねが大切なんですね。
   
09:00
出社、メールチェック
10:00
役員のトラブル対応
11:00
仕様書見直し
12:00
ランチ
13:00
グループミーティング
16:00
プロジェクトの進捗確認、フォロー
18:00
一日の残件確認、処理
19:30
退社
20:30
買い物、帰宅
21:00
夕食、片付け
22:00
英会話レッスン
24:00
就寝
編集:現在はどういったお仕事をされていますか?

木村:外資系医療機器メーカーの情報技術部に所属しています。社内の方や外部システム会社の方とコミュニケーションを取りながら、ITインフラ基盤の運用やプロジェクトの推進を取りまとめています。一般でいう「社内SE」のような立場のお仕事ですね。


編集:専門知識が必要になりそうなお仕事ですが、前職はどんなお仕事だったのでしょうか?

木村:前職は国内のITベンダーでヘルプデスクとして働いていました。そこで技術もイチから学びましたし、「みんなが求めていることは何か」などニーズを汲み取る力も身に付きましたね。充実したお仕事でしたが、異動でコミュニケーションの少ない部署になったことがきっかけで、転職を決意したんです。


編集:なるほど!国内企業から外資系企業への転職、という点も気になりますが、実際に転職されていかがですか?

木村:会社の雰囲気は全く違いますよ!海外から届くメールは当然ながら英語ですし、過程以上に結果を出すことが求められる社風です。が、どちらの会社も、システムユーザーのことを一番に考えて仕事をする、という点は変わりませんね。


編集:木村さんはご結婚もされているということですが、家庭とお仕事の両立はむずかしくないのでしょうか?

木村:「簡単」とは言えませんが、夫の理解のおかげもあって上手くいっています。転職のときにも、「やりたいことをやればいいよ」と、背中を押してくれたのは夫でしたね。仕事が楽しいとはいえ家事も好きなので、特別な時を除いて19:00には仕事を切り上げ、帰って夕飯を作っています。早く帰る分、家で残りの仕事をすることもありますが、家にいる時間を大切にしたいんです。


編集:理解のある素敵なご主人なんですね!お仕事も忙しそうですが、ご自身の時間はどんな風に過ごされているのでしょうか。

木村:週に4回は22時からオンラインで英会話レッスンを受けています。外資系企業なので、メールはもちろん、会話の端々で英語が使われるんです。それから、週1~2回クラシックバレエに通っています。高校生まで習っていたので、またやりたいなと思って最近はじめました。まとまった休みには、夫と旅行に行くことが楽しみになっています。これまでには、イタリアやバリ島、サンフランシスコなどに行きました。


編集:いろんなことに興味をお持ちなんですね。仕事もプライベートも、木村さんにとってどんなことが原動力になっているのでしょうか。

木村:小さな頃からたくさんの方に囲まれて育ってきたせいか、今でも「たくさんの人に出会いたい」という気持ちを強く持っています。そして、自分と出会った人には、その人のために何かをしてあげたいと思うし、実際に何かをしたことによってその人が喜んでくれればとても嬉しいんです。出会った人が、私の行動によって何か喜びを感じてくれること、それが私の原動力ですね。


編集:なるほど。人との出会いをとても大切になさっているのですね。そんな木村さんの今後の目標は?

木村:その時その時に、自分が最も能力を発揮できる場所を選んでいきたいと思っています。お仕事面では、ビジネスレベルの英会話、経理の知識を身に付けたいと思っています。それから、プライベートでは着付けを習おうかと考えています。海外旅行も好きなのですがやっぱり日本の文化を愛しているので。正しい礼儀作法を身に付けて、美しく着物を着こなせる女性になりたいですね。


全てのことに対して、前向きに取り組む姿勢が印象的な木村さん。普通の人なら見逃しそうなことでも、ポジティブシンキングでチャンスへと変えていくことが女性として輝く秘訣なのだと気付かされました。最近マンションもご購入されたということで、ご主人とのラブラブ度も維持しつつ、お仕事と家庭の両立を頑張ってください!(取材:A.T 2008/2/29)
未経験でも、年収500万円以上可能!

バックナンバーを読む