正社員で成長したい女性のための転職サイト

女の転職@type
新規登録 ログイン

ログインされていません

応募を辞退したいとき
応募を辞退する場合も、イイ社会人としての最低限のマナー、モラルを守ってスマートに辞退したいもの。
優良企業であればあるほど応募者には気をつかってきちんと対応しているはず。世間は意外に狭いとはよく言うけれど、本当にどこでどう再会するか分からない。辞退のマナーはビジネススキルの一部と考え、しっかり対応しよう。

●応募先企業の連絡先を確認するには
「女の転職@type」から応募された場合は、マイページの「応募管理」から確認することができます(会員の方のみのサービスです)。
面接を辞退する
・面接官はあなたに会うために時間を空けて待っている、ということを忘れずに。企業にとって面接は、会社の一員になるかも知れない人に会うための大切な時間。お断りする場合は、できる限り早く。最低でも前日までには連絡しよう。

・間違っても、無断キャンセルはしないように。人事担当者は、自分が面接官になることもあれば、人事部長や事業部長、ときには社長のスケジュールを調整し、面接の設定をしているはず。調整したあげく、応募者が面接の時間に現れなかったら・・・・。人事担当者も応募者も、一社会人。社会人同士の最低限のマナーを考えれば、辞退もおのずとスムーズにいくはずだよね。

・辞退の理由は、聞かれたら答える程度でOK。とにかく早く連絡をいれるのが先。答える場合も「他の会社に決めた」「一次面接などで当初考えていた仕事内容と違うことがわかった」など、簡単な内容でよい場合が多い。だし、人事担当者とのそれまでのコミュニケーション密度によってはしっかりした説明が必要な場合も。

○○株式会社
総務部人事課 ▲▲様

お世話になっております。●月●日(曜日)19:00~一時面接のお時間を頂いております●●●●と申します。

大変申し訳ございませんが、この度こちらの面接およびその後の選考をご辞退させて頂きたく、ご連絡させて頂きました。

面接日程のご調整を頂いておきながら、大変申し訳ございません。

また、メールでのご無礼をお許し下さい。
何卒よろしくお願い申し上げます。

面接を辞退する
・基本的には、面接辞退の際と同様に、できる限り早く連絡することが大事。とはいえ、内定までのプロセスの間には、それなりにその企業の人事担当者ともコミュニケーションをしているはず。人間性を疑われないよう、より丁寧にお断りしたいもの。親身になってくれた担当者には誠意を持ってお断りする姿勢を忘れずに。

・まずはメールでお断りした後、電話や書面でフォローするとベスト。

○○株式会社
総務部人事課 ▲▲様

大変お世話になっております。
先日、内定を頂きました●●●●でございます。

大変申し上げにくいのですが、本日は内定を辞退させて頂きたくご連絡いたしました。

面接や様々なご連絡等において、▲▲様や■■様には大変丁重にご対応頂き、感謝いたしております。

ただ今回、別の企業様とのご縁を感じ、残念ではございますがご辞退させて頂く決意を致しました。

大変申し訳ございません。何卒よろしくお願い申し上げます。                                         敬具